広島県広島市南区的場町1-7-20 TEL:082-261-0280

そごう心療内科クリニック

ブログ

SOGO PTSD Institute Activity Report
SOGO PTSD Institute Activity Report
クリニック紹介 医師紹介 診療時間 Q&A アクセス
リンク ブログ Facebook
HOME»  ブログ»  ★熱中症、脱水に注意!!★

★熱中症、脱水に注意!!★

★熱中症、脱水に注意!!★

副院長です。

 7月に入りましたが、まだ梅雨も明けていないと言うのに、猛暑日が続きますね。

 この夏はラニーニャ現象の影響もあり、猛暑か平年並みになる予想とのことです。しかし、すでに最高気温が38度を超えたところもあり、熱中症対策を十分に行う必要性がありますので、皆さま十分に対策をお願い致します。


 炎天下では長時間の作業などは控え、適時の水分補給を行ってください。

 また室内でも、知らず知らず発汗により体内の水分は奪われていきますので、ずっと室内にいるとしても油断せずに水分摂取を行ってください。

 身体が重くなる、くらくらとめまいがあるなどは熱中症の前兆となることもありますので、無理をせず、日陰などの涼しいところで一度椅子に座って休む、十分な水分と塩分を摂るなどの対策を取って下さい。

 熱中症で倒れている方を見かけた場合は、意識がない場合はすぐに救急要請を行い、無理に水分を飲ませようとせず、首回り、わきの下、股間を冷たいもので冷やすなどして救急車を待ちましょう。
 意識がある場合は、水分がご自身で飲める場合は、涼しいところへ移動して、塩分を含んだスポーツドリンクなど飲んでもらい、落ち着けば家に帰ってその日は十分に休んでもらいましょう。それでも症状がよくならない、水分が摂れない場合は、すぐに医療機関へご連絡下さい。

 <小さなお子様や赤ちゃんがおられるお母さま方へ>
 子供たちは体も小さく、ベビーカーに乗っている赤ちゃんも、身体の中心(体幹部)が大人に比べてはるかに地面に近く、地面からの反射熱の影響を非常に受けやすいので、赤ちゃんや子供たちにいつも以上に気を使い、身体を冷やす様にしてください。水分摂取のほか、アイスなど氷菓子なども効果的です。

 また意外と知られてはいませんが、朝に脱水を起こされる方が多く、救急搬送されるケースもあります。夜間睡眠中は水分摂取が出来ず、発汗により血液内の水分が少なくなります。そのため、起床時には知らず知らずのうちに脱水を起こしていることが多いため、注意が必要です。ベッドのそばにいつでも水分が摂れるように、ペットボトルなど置いておきましょう。また起床時は、急に起き上がらずに、ゆっくりと身体を起こすことも大切です。

 以下のサイトが分かりやすいと思いますので、ご参照ください。



環境省熱中症予防情報サイト
http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

2016-07-07 21:56:00

 
PageTop